徳島/佐古 内科・皮膚科・美容皮膚科
おおしま内科皮フ科クリニック

コラム

HOME > コラム

HbA1c~6月の集計ワニ。

2016.07.07
気温の変化が大きく、体調を崩しがちな季節ですが~如何お過ごしでしょうか。

6月のHbA1cの集計=成績表です。

7%未満を維持・・あるいは目指して頑張りましょう。

というのも、この数値。

糖尿病の三大合併症(網膜症、神経障害、腎症)の発症や、悪化を抑える分岐点なんですヨ。


<クリックしてください>

今月も”かわにーズ”のコメントですが・・ドコ川の?”かわに~”さんでしょう。

気になる方は、遠慮せず質問して下さいネ!!

病気の事も質問大歓迎です!!(そっちが重要ですね・・(^_^;)

うまいんじょ☆いちば Vol.4

2016.06.22
好評企画!!すでに第4弾です。

この低糖質スイーツ特集?を活用して下さっている患者さんもいます。

同じ様なスイーツを食べた時に比べると、血糖上昇を抑えられる効果が期待されますヨ。

糖尿病でない方も、ダイエットに良いかも~

5月のHbA1c集計です。

2016.06.06
皆さんのHbA1cの数値は、5~7月くらいが良いみたいです。

こちらは患者さん全体の平均値ですが、各々の患者さんの数値をみても良くなっている傾向です。


<クリックして下さい>

糖尿病治療薬は色々ありますが、治療の第一は食事療法や運動療法です。

クスリは、それら日々の療養を後押しするダケのものなんです。

クリニックの糖尿病療養指導士や管理栄養士に、何でもご相談下さいね。

うまいんじょ☆いちば Vol.3

2016.05.27
管理栄養士「ひろざわ」の半分趣味の企画・・第3弾

低糖質系スイーツも色々あるもんです。



患者さんの推薦銘柄もあると思います。

また教えて下さいネ!!

HbA1cの年間変動です。

2016.05.17
毎月の成績表=HbA1cの集計を楽しみにして下さっている方は多いみたいです。

2015年~2016年での当クリニックのHbA1c(平均)の変動をグラフにしてみました。



季節によって変動しているのがよく解りますネ。

当院では「糖尿病連携手帳」にみなさんのデータを記録してお渡ししています。



クリニック特製の?患者さんのHbA1c変動グラフもお付けしています。



みなさんも是非、見比べてみて下さいね! 例にあげた患者さんのグラフも同じ様な流れですね。

大きな視点で見てみれば、普段の生活の中に・・ちょっとした改善点が見えてくるかもしれません。

HbA1cが上がったからと言って、すぐにお薬の量を変えたり、食べちゃダメ!とか、すぐ減量しなさい!

というのは良い考え方ではないです。(院長はそう思っています。)

院長をはじめ、スタッフ一同で「のんびり」サポートしていきますヨ!!

医療法人大島内科医院
おおしま内科皮フ科クリニック

徳島市佐古二番町5-20
TEL:088-622-1230 FAX:088-622-1240

- CafeNote -