徳島/佐古 内科・皮膚科・美容皮膚科
おおしま内科皮フ科クリニック

コラム

HOME > コラム

スタッフ募集

2018.07.20
当院は糖尿病専門のクリニックとして、
その周辺疾患の高血圧症や脂質異常症など生活習慣病のケアを中心としたクリニックです。

”糖尿病看護に興味のある看護師さん”の常勤・パートともに募集中です。

LCDE・CDEJをお持ちの方・・大歓迎です。(資格給あり)

これから日本糖尿病療養指導士(CDEJ)を修得したい方は、当院でのキャリアで修得可能です。

(当院のスタッフは全員これらの資格を持っています。)

徳島県糖尿病療養指導士(LCDE)からCDEJへのキャリアアップもお手伝い致します。

*LCDE、CDEJともに資格習得のためのセミナー聴講料はクリニックで負担いたします。

*LCDE、CDEJ修得後は資格給のアップもあります。

院内風景や診療内容は、ホームページをご参考になさって下さい。

興味のある方は、是非お問い合わせ下さい。

おおしま内科皮フ科クリニック 院長 大島康志
Email ; ooshimaclin@gmail.com

6月のHbA1cの結果でました。

2018.07.11


それぞれのステージ、例えばグラフの9%以上から8%台へ、7%台から6%台へと良くなった方が多かったです。

この時期は、屋外での運動も暑さのためナカナカ。

アイスクリームやかき氷、ビールなど冷たい誘惑が多いですよね。

院長は流されています・・・(^_^;
2018.07.11 12:24 | 固定リンク | HbA1c集計

しろくま通信7・8月号

2018.07.09

クリニック菜園 その3:初収穫

2018.06.30
クリニック菜園でトマトを植えてから2か月たちました。中玉です。

太陽が差し込む時間が短く成長が気になっていました。
陽が南から短時間射し込だけですから、花が咲く茎は南側だけ。これも大発見です。
一日中、燦々と太陽が降り注いでいる畑のトマトはあちこちに茎が伸びていますものでから。

制限された環境でこれだけ成長してくれた愛おしいトマト達です。
朝夕、声をかけてくださる先生ご家族、スタッフの愛情がいっぱいで、実りが凄くて
今にも茎が折れそうです。跡少し伸びたら先を止めます。



名誉院長が初収穫をしました。
味の感想は“甘い!でも皮が少し硬い”との事。
スタッフからは“皮もすべて美味しい。でもカラスに狙わないかしら?“と心配する声もあり。
カラス対策が目下の課題となりました。

実は脇芽を植えています。
これも少しずつ伸びていますから、時間差で収穫できるかもしれないと少し欲を出しています。

通路脇のトマトを通院時にぜひ見てみて下さいネ。

受付スタッフ”シゲちゃん”が可愛がっているメダカも待っていますヨ。

栄養指導室 開設1周年

2018.06.21
梅雨に入ってジメジメしています。
食欲はどうでしょうか?

6月6日に当院の糖尿病患者会「第4回しろくま会」はサンスターさんをお招きしてクイズを交えながら歯の健康について学びました。
また今までの患者会の模様もこの場でお知らせできればと思います。

さて・・・糖尿病患者会ができてもうすぐ1年です。

そして当院の栄養指導室も、開設1周年を迎えようとしています。
まだご紹介できていませんでした!!!

2階皮フ科の手前に新設です。白い内装で清々しいです。

フードモデル(食品模型)や資料を参考にお話を伺いながら栄養相談をさせていただいています。
インスリンなどの療養指導にも使っています。
写真は竹内管理栄養士が栄養相談をしているところです。


<クリックすると大きくなります>

それとドアの向こうでお出迎えするのは、“しぼやん”(体型:幅30㎝体重2㎏の体脂肪)です。



血糖値をあげにくいバランス食や、高血圧や腎臓病の減塩指導には昆布やちりめん、竹輪などのフードモデルを使ってお話をさせていただいています。

フードモデルは実物と間違えるくらいリアルです。一度覗いてみてください。

そして“しぼやん”を抱っこしてみてください。
少し食欲が落ちて“減量できそ~!!!”な予感がします。

院長もしぼやん効果?でダイエットをしている様です・・・。

医療法人大島内科医院
おおしま内科皮フ科クリニック

徳島市佐古二番町5-20
TEL:088-622-1230 FAX:088-622-1240

- CafeNote -